相手が任意保険に加入していなかった場合の損害賠償はどのぐらいもらえるのか?

自動車保険には強制保険(自賠責保険)と任意保険の2種類があります。自賠責保険の場合、死亡事故で最高3,000万円、傷害事故で最高120万円まで補償してくれます。そして、任意保険は強制保険の上乗せ分なので、支払額は強制保険から超えた金額のみを補償してくれます。

相手に資力がない場合は自賠責保険からの補償しか受けられない

では、もし加入者が任意保険に介入していない場合どうすればよいでしょうか。相手方に資力があれば、そこから支払いを請求することができます。しかし、資力がない時は残念ながら自賠責保険のみとなります。

交通事故によって負傷し通院あるいは入院をした場合、一般的に自賠責保険を使い切ってから健康保険を使います。交通事故による負傷の治療は自由診療(健康保険を適用しない診療)ができます。したがって、医療側としては、自由診療のほうが健康保険の料金の2倍近くとれるので、自賠責保険を使いたがります。しかし、これは法律で定められたことではありません。

自賠責を使い切ったらすぐに健康保険に切り替えるのが得策

このように法定されていないので、医療機関に「健康保険から使いたい」旨を伝えれば、健康保険から使うことができます。なぜ、このようなことをするかといいますと、入院や治療が長引けば120万円はあっという間に使い果たしてしまいます。ですので、すぐに健康保険に切り替えて、自賠責保険は休業損害に充てるのが得策だといえます。

慰謝料に関しては、120万円を休業損害に充ててしまうと自賠責保険で支払うことはできません。しかし、ご自身が加入している「人身傷害補償保険」で慰謝料の補償をしてくれます。人身傷害補償保険は任意保険の1つなので、一度確認してみましょう。